脊髄損傷マヒ 脳梗塞後遺症など不自由者 空中リハビリトレーニング フリーウォーキングメディカル

事例集

継続的に受けられた方の事例をご紹介
事例集

フリーウォーキングメディカルで実際にリハビリトレーニングを継続的に受けられた方の事例をご紹介します。
リハビリトレーニングのメニューはトレーニングを受けられる方の状態による様々ですが、是非参考にしてください。

頸椎4/5番損傷(元全日本レスリング代表選手のリハビリ日記より)

頸椎4/5番損傷、元全日本レスリング代表選手のリハビリ日記より(2013年12月時点でリハビリトレーニング中)

(1回目) 右腕を挙げた時の伸びが調子良い。翌朝の起床時に疲れを感じる。先生に教わった事を注意したら生活感が変わった。
(3回目) 右親指と人差し指をかすかに動かす事が出来た。さらに違和感程度だが感覚も感じる。むくみが減ってきている。
(10回目)肩の挙上が150回出来た。
(15回目)リハビリ再生治療後に疲れを感じるように。腹筋、背筋がつきはじめ、胃腸の調子が良く7回もオナラがでた。
(30回目)握力を見るときの前腕の筋肉が発達しはじめている。また、腰も違和感程度だが感覚が感じられる。経穴経絡治療の効果か。
(40回目)上腕の屈曲・伸展をサポートなしで行う事ができる。手に重りをつけて肩・腕の挙上が出来た。肩の可動域も広がった。
(50回目)下肢の屈曲・伸展で、動こうとする感じが肩まで伝わってきた。左右の親指・示指の関節が初診時より柔らかく、肩甲骨や肩まわりも動きやすくなっている。
(85回目)右肩の可動域が広がり、背中に腕が回せるようになった。(背後でサポートしていた先生の胸に手がついた!)
(100回目)手の指の感覚が少しずつ戻ってきた。(右の親指から順に)
(102回目)頚部に発汗。
(115回目)肩を挙上させた時、左手は後ろに立ってサポートしていた先生の頬の高さまで、右手は右耳の高さまで伸びた。
(135回目)両腕とも先生の耳の高さまで上がる。立位トレーニングは下半身に力が入って安定し、今までより運動しやすい。

第4・5・6頚椎損傷による四肢麻痺【55歳/男性】

第4・5・6頚椎損傷による四肢麻痺で、三位一体リハビリトレーニングを実施(埼玉県在住)

16年前(平成4年2月)に交通事故で頚椎を圧迫骨折し、四肢が不完全麻痺しました。
リハビリの相談に行った時は、手指の曲げ伸ばしが十分にできず、足先までの感覚はなんとなくあるが鈍く、足は常にしびれている状態。腹筋と背筋は弱く、軽度の側彎あり。
また、右ひじ・指に腱移植手術を受けていました。

リハビリトレーニングを始めて2か月目:膝下の両足が腹筋に力を入れると動くんです!
指も意識して力を入れるとまっすぐ伸びたし、右足に比べて感覚が鈍かった左足も、アルコールで拭いたときに冷たさを感じる。パンパンだった肩こりは経穴経絡治療で豆腐のように柔らかくなり、力の入らなかった腰にも少しだが力を感じました。

3か月目:背筋強化のために経穴に電気を流すと、第一腰椎で背筋が機能しました!驚きです。ムービーを撮ってもらって見たら、本当に背筋が膨らんでいる。治療3か月目で、すごい。両足にさらに力が入るようになり、背筋にも収縮が出てきて、座位バランスが安定してきました。

4か月目:大殿筋にも電気治療を受け、見事に大殿筋に力が入るようになりました。除々にふくらはぎにも力が入り、動かしてみると足と指が動く!座って足を動かしたら両足が動いて蹴り上げる動作ができました。また、治療の前は座って両手を上げると後ろに倒れてしまったのに、治療後は倒れず両手を上げることができました。

5か月目:左手の指が第二関節まで曲がりました!握力はまだありませんが、伸ばしたり握ったりはできるようになりました。
また、いままでは水泳のような激しい運動をしないと汗をかかなかったのに汗をかきやすくなっている。新陳代謝がよくなったようで、ひどかった足のむくみが軽くなって、今まできつかった靴がすぐに脱げるようになってしまいました。
靴買わなきゃ(笑)。

第6・7左頚椎・第3右胸椎損傷【44歳/男性】

第6・7左頚椎・第3右胸椎損傷で、三位一体リハビリトレーニング実施(千葉県在住)

平成20年6月の事故から6か月後にリハビリトレーニングを開始、期間は1年でした。

フリーウォーキングメディカルに通ったら、右手の握力がびっくりするほどに改善。
まず、1か月目で右手小指が完全に曲がるようになり、人差し指もわずかながら。プッシュアップも今までの倍はできるようになりました。そして3か月目にはお尻のほうの感覚がわずかに戻ってきて、左足のしびれ感が感じられるようになりました。最終月には右肩亜脱臼の痛みがほぼ取れ、真上で手を合わせることができるように。

おかげで着替えもほぼ一人でできるようになり、これにはフリーウォーキングメディカルの先生方もちょっと驚いていました。
ATでも新しいステップに入ることができました。
今回、ちょっと遠かったけれど行ってよかったです。

第12胸椎・第1腰椎の破裂骨折【23歳/女性】

第12胸椎・第1腰椎の破裂骨折で、三位一体のリハビリトレーニングを実施(広島県在住)

2009年8月に事故で胸椎・腰椎を破裂骨折しました。フリーウォーキングメディカルに来れたのはそれから約1年後です。
医師からは足は一生動かないといわれていましたが、リハビリを期間にして約1年、回数にして7回のプログラムが終了したところで、自力で立てるまでに回復しました。
その後は二人介助での歩行訓練を行い、現在は自分で足を動かして伝い歩きができるところまで回復しています。

第5胸椎損傷による完全麻痺【29歳/男性】

第5胸椎損傷による完全麻痺で、三位一体リハビリトレーニング実施(東京都在住)

平成21年8月にバイク事故で完全麻痺。左わき腹・背中に痛みがあり、下部胸椎に発赤が出て褥瘡になりかけていました。胸から下の感覚はなく、座ることはできるものの腹筋背筋とも弱く、両下肢に強い痙性がありました。

リハビリトレーニングを受けた後は、左側彎が改善して左背部の痛みがなくなりました。
また痙性も少し軽くなり、膝が(他動的にですが)屈伸しやすくなったと思います。

第6胸椎損傷による歩行障害【21歳/女性】

第6胸椎損傷による歩行障害で、リハビリトレーニング・経絡・経穴治療・可動性関節トレーニングを実施(宮崎県在住)

平成21年2月に突然歩行ができなくなり、緊急入院しました。検査の結果、胸椎に腫瘍があることがわかり、放射線治療を受けましたが、医師からは一生足は動かないと伝えられました。

退院時は臀部から両足の筋肉が衰え萎縮していましたが、フリーウォーキングメディカルでのリハビリで、現在は正常な筋肉の大きさに戻りつつあります。左右の足との筋が収縮するようになり、また、強い側彎が矯正されたことで背中・肩の痛みがなくなりました。
最初のプログラムは終了した現在、両方の足指が、少しづつですが動くようになっています。今後継続することでさらに改善するのではないかと期待しています。

第6胸椎損傷【40歳/男性】

第6胸椎損傷で、三位一体リハビリトレーニング実施(神奈川県在住)

フリーウォーキングメディカルのリハビリトレーニングに1年お世話になりました。

リハビリ前は、立位練習を三人介護で行っていましたが、自分の足にかかる重さをまったく感じられませんでした。また、座位のバランスが悪く、尿量・トイレの回数がすくなかったのですが、今回フリーウォーキングメディカルで診ていただき、まず体幹バランスが非常に安定してきたように感じています。座位バランスだけだなく、立位練習も二人介助で行えるようになりました。(平行棒で立った時には、特に右足が体重を足全体で感じることができました)
尿も、今まで4、5回だったのが6?8回に増えました。

第6・7胸椎損傷による不完全マヒ【26歳/女性】

第6・7胸椎損傷による不完全マヒで、リハビリトレーニング・経絡・経穴治療・可動性関節トレーニングを実施(愛知県在住)

平成21年8月に胸椎損傷し、平成22年1月まで入院していました。

入院中に多少腹筋は回復したものの依然として腹筋背筋ともに弱く、胸から下の感覚はないのにおなかにはいやな圧迫感がありました。また、背中の痛みが強くて痛み止めを服用しており、足全体にもしびれがありました。
フリーウォーキングメディカルのリハビリトレーニングにお世話になり、現在は損傷部位より少し下のほうまで感覚が戻っています。今まであったおなかの圧迫感もかなり消えて楽です。また、腹筋背筋がついたせいか、バランスがとりやすくなって起き上がりが楽になりました。
今後も三位一体リハビリを継続することで、必ず立てるようになると感じています。

第6・7・8胸椎損傷による両下肢麻痺【35歳/男性】

第6・7・8胸椎損傷による両下肢麻痺で、三位一体リハビリトレーニングを実施(静岡県在住)

交通事故による下肢麻痺でおなかから下の感覚がなくなって、体幹が安定せずぐらぐらしていました。足がすぐむくみ、一日一食食べるともう胃が苦しくなって食べられない。車いすにのっても背が丸まった姿勢になってしまうし、ベッドへ移るにも介助が必要でした。

三位一体リハビリトレーニングを受けた後は、背もたれに寄りかからなくても安定した姿勢がとれるようになり、食事も3食とれるようになりました。腹筋背筋がついたのでベッドへの移乗もできるようになり、感覚も臍下まで戻ってきました。
足のむくみも軽減し、本当にたくさんの変化を肌で感じることができました。

第5頸髄損傷による四肢麻痺【31歳/女性】

第5頸髄損傷による四肢麻痺で、リハビリトレーニング・経絡・経穴治療・リハビリ可動性関節トレーニングを実施(福岡県在住)

平成17年11月に体育祭で頸髄を損傷し、四肢麻痺となりました。
そのため、しゃべりにくい(舌の動きが悪い)、両手を挙げると倒れてしまう(姿勢・座位のバランスがともに悪い)、指の力が入らない(伸ばすことができない)、胸から下の感覚はないなどの症状があり、また、疲れやすく呼吸も浅いためにうつぶせになると10分程度で息苦しくなる状態でした。

フリーウォーキングメディカルでのリハビリをうけて半年たった現在では、まず舌がしっかり動かせるようになりはっきり発音できるようになりました。また、呼吸が楽にできるようになってうつぶせに寝ても苦しくなくなり、姿勢バランスが改善して、以前よりも疲れにくくなりました。座っていると太ももが温かく感じることもあります。
動きが悪かった腕も、筋力が付いたおかげで右腕を動かす動作ができるようになり、指も、曲げたとき少し力が入るようになってきています。

Free Walking Medical フリーウォーキングメディカル フリーダイヤル0120-864-846
株式会社Free Walking Medical
〒111-0021 東京都台東区日本堤1-18-7     TEL 03-6802-3611    FAX 03-6802-3611