脊髄損傷マヒ 脳梗塞後遺症など不自由者 空中リハビリトレーニング フリーウォーキングメディカル | J.H.workout(Japan Health workout) ジャパン ヘルス ワークアウト

リハビリトレーニング  <三位一体総合リハビリトレーニング>

関節靱帯強化トレーニング 体を支持する器官、たとえば骨、筋肉、腱、関節構成物(靭帯、関節包、椎間板などの関節円板、関節半月、関節軟骨、関節唇、滑液包など)などの関節可動域の機能低下を予防します
関節靱帯強化トレーニング
東洋医学・西洋医学 総合リハビリトレーニングジム フリーウォーキングメディカルは脊髄損傷者脳梗塞の後遺症、交通事故の後遺症の方を対象に、専門的な神経再生 マヒ・疼痛・シビレ・痛み治療とリハビリトレーニングを行っています。

急性期・回復期を経た後、専門的なリハビリトレーニングを継続的に受けられる施設は非常に限られています。 そのため、リハビリトレーニングを受けたくても受けられない方は多くいらっしゃいます。また、損傷を受けてから期間が経ってしまい、回復が見込めないと諦めている方もいらっしゃるかもしれません。
フリーウォーキングメディカルにおいでになるまでにも様々なリハビリトレーニングを受けて来られた方々の多くは、最初は半信半疑です。表情も硬く、あまりお話をされない方もいらっしゃいます。

そのような方々が、リハビリトレーニングに通われて体の変化を感じ取っていただけるようになると表情も明るくなり、色々なことをお話してくださるようになります。

我々フリーウォーキングメディカルスタッフの願いは、ご利用者様みなさまの生活動作が少しでも改善され(ADL)、生活の質(QOL)を向上させ、明るい気持ちで日々を送れるようになることです。
総合的な治療プログラムをご提供し、しっかりサポートいたしますので、少しでも気になった方は是非一度ご相談ください。
3つのリハビリトレーニングを効果的に組み合わせ、
自立歩行機能の回復を目指します

三位一体の脊髄損傷・脳梗塞トレーニングプログラム 三位一体となった専門的なマヒ・疼痛・シビレ・痛み治療によりはじめて機能回復・神経再生が見込めるのです フリーウォーキングメディカルは、東洋医学・西洋医学に基づいた

関節靭帯強化リハビリトレーニング治療

関節靭帯強化リハビリトレーニング治療

関節靭帯強化リハビリトレーニング治療は人間が動作を行う際に、体を支持する器官、たとえば骨、筋肉、腱、関節構成物(靭帯、関節包、椎間板などの関節円板、関節半月、関節軟骨、関節唇、滑液包など)などの関節可動域の機能低下を予防します。また、体に必要な酸素や養分供給を促進して、細胞死滅、微細血管の血栓による閉鎖を予防します。
三位一体治療が出来るよう、ご利用者様に無理なくリハビリトレーニング治療を受けていただけるよう、痛みの症状や状態に応じてリハビリトレーニングプランを立てて治療いたします。

リハビリトレーニング

ほぐすだけでは筋肉に負担となるため、機能回復を主点に、回復の妨げとなっている、原因となる部位のバランス改善を行っております。

脊髄損傷完全マヒ 上肢空中トレーニング
脊髄損傷完全マヒ
上肢空中トレーニング
脳梗塞右片マヒ 内返しトレーニング
脳梗塞右片マヒ
内返しトレーニング
脳梗塞 姿勢保持のための筋肉トレーニング
脳梗塞
姿勢保持のための筋肉トレーニング

脳梗塞・骨盤マヒの筋トレ(大殿・中殿・小殿筋)

背骨の関節の動きを回復させることにより、神経の圧迫を除き、神経を活性化して体の自然治癒力や免疫力を高めます。

脳梗塞・骨盤マヒの筋トレ(大殿・中殿・小殿筋)
脳梗塞・骨盤マヒの筋トレ

脳梗塞・上腕マヒの筋トレ(上腕拳上筋)

骨盤を調整する事により、体の歪みを整え症状を緩和させます。痛みを伴わないアジャストメントとなりますのでご安心して受けていただけます。

脳梗塞・上腕マヒの筋トレ(上腕拳上筋)
脳梗塞・上腕マヒの筋トレ
(上腕拳上筋)

脳梗塞・上腕マヒの筋トレ(殿筋・下肢筋)

筋肉を良好の状態にする目的でその筋肉を伸ばし、筋肉の柔軟性を高め関節可動域を広げ、ケガの回復・血流改善などに効果的です。

脳梗塞・上腕マヒの筋トレ(殿筋・下肢筋)
脳梗塞・上腕マヒの筋トレ
(殿筋・下肢筋)

固定治療・テーピング

予防・保護・治療の3つに分けられ、負担を軽減し痛みを和らげます。
(捻挫・肩こり・外反母趾・腱鞘炎に効果的。スポーツ障害テーピング可能)

中層波治療

専門治療器で、機能を回復させます、神経症状(マヒ・疼痛・シビレ・痛み)がある場合も、症状を緩和してくれます。

交通事故リハビリトレーニング治療

交通事故により、マヒ・疼痛・シビレ・痛み・むち打ち・捻挫・打撲・骨折などの怪我には、自賠責保険での治療が受けられます。

アドバイス

日頃とる姿勢の指導・歩き方などのアドバイスもさせていただいております。

トレーニングMOVIE
〜動画による施術の一例〜
トレーニングの流れ
トレーニングの流れ

トレーニングで骨の状態を整えます。
リハビリトレーニングのたびに施術することで序々にほぐれていきます。
(施術:理学博士 韓先生)

直立してパルスをかけながら暖かくして膝を動かす
直立してパルスをかけながら
暖かくして膝を動かす

専用の機器で直立姿勢を保った状態で、パルスをかけ筋肉を刺激します。座位で行う場合とは違う筋肉と神経に刺激を与えます。

トレーニングMOVIE